30代女性の転職を成功させる秘訣とは

これからの時代に必要とされる「30代女性」― 転職成功の秘訣とは

「30代女性は20代より不利」と言われる転職ですが、社会的に見ると「女性管理者を増やす」という流れもあり、一概にそうとも言えません。何の強みもない人では年々難しくなっていくでしょうが、一定条件を満たす女性であれば、これから重宝される可能性が高まっています。

転職に有利な30代と不利な30代の違い

「ぜひ来てほしい!」と企業が考える30代女性はこんな人です。

① マネジメント経験がある
社会人経験の浅い20代には、現場の仕事を任せる企業が多いでしょう。しかしその20代をまとめ、クライアントとの交渉ができる「管理者」も必要なポジション。30代になれば男女に関わらず、管理・マネジメント能力のある人材が重宝されます。
アルバイトや部下をまとめてきた経験、プロジェクトの進行を任された経験がある人は、20代とは異なるフィールドでよい仕事を勝ち取ることができると言えます。

② 自分の価値観をしっかりもっている
女性には、男性が絶対に代行できない「出産」という役割があります。出産する予定がない人でも、企業から見れば「いつ出産で休むかわからない」という懸念はぬぐえません。
将来的に働きやすい企業を見極めるなら、出産・育児に協力的な企業を選ぶことがベストですが、まだまだバックアップ体制が整っていない企業が多いのも現実です。

出産時のブランクをどう乗り越えるか、育児と仕事をどうバランスをとっていくのか。この価値観をはっきり伝えることができれば、企業側も安心して採用することができるでしょう。

③ 感情をコントロールできる
女性はとかく感情的だと言われがちです。喜怒哀楽があることは良いことですが、仕事では自分の感情をコントロールできる人が良しとされます。特にイライラした時、怒りたくなる時に冷静でいられるかが重要なポイント。私生活の中でも練習できることですから、日々注意してみてください。

30代の転職を見据えるなら! 20代からしっかり準備

30代になり、慌ててキャリアを考えていたのでは遅すぎます。付け焼刃で乗り越えようとしても、採用担当者なら安易な考えはお見通し。30代で転職をしやすくするためにも、20代から以下のようなことを心がけてください。

① 仕事は「目標」と「成果」を意識する
目の前の仕事を「なんとなく」こなしているようでは、30代の転職で成功する女性にはなれません。この仕事で何を成し遂げたいのか、なぜこの仕事で頑張っていきたいのかという自分なりの考えと目標をもちましょう。また、その目標が達成できているかどうかも重要なこと。
年度初めや四半期ごとなど、数値化して検証しておくことをお勧めします。

② 社内外の人脈作り
良い仕事をするためには周囲から応援される人であることが重要ですので、社内では部署の垣根を超えた人付き合いを心がけてください。
社外の交流は、仕事のつながりだけでなくてもOK。英会話スクールで、外部の研修で、趣味のサークルで一緒になった人とのご縁を大切にしてください。重要なことは、

・目の前の人との関係を大切にする
・自分が相手の役に立てるかどうかを考える

ということ。小さな約束を守ること等から、少しずつ信頼関係が構築していきます。家庭を持った場合、女性は夜に出かけることが難しくなる場合もあるので、ランチ時間を有効活用し、社内外の人脈を広めておきましょう。

③ 必要な勉強・経験は早めに着手
希望するキャリアに役立つ勉強は、なるべく若いうちから着手してください。「資格をもっていても意味がない」という説もありますが、仕事に関連する資格なら勉強しておいて損はありませんし、書類選考などにも有利になります。
若いうちほど新しいことを吸収できますし、学んだことを早い段階から実践で生かすことで、仕事の質も高まります。
新プロジェクトなどには積極的に関わり、意識的に実績を作っていきましょう。

時間を上手に活用! 転職エージェントを使って最新情報を収集する

家事や育児、趣味や仕事と忙しい日々を送る女性は、時間がいくらあっても足りません。キャリアアップや転職活動を成功させるには、「時間の有効活用」も重要なポイントです。
転職活動では親身になってくれる転職エージェントを見つけ、しっかり相談しながら効率よく、良い企業に出会いましょう!

文:坂口弥生

そろそろ転職かな?と思ったら・・・
JOBを利用してみよう!

自分で仕事を探してみる

合同企業説明会 シゴトフェア

転職のプロに相談してみる

JOB転職エージェント

自分で仕事を探してみる