J-61

クリエイティブ系の仕事内容・求められる人材って?

J-61

クリエイティブ系の仕事は、編集者、ウェブデザイナー、ウェブプロデューサー、CMディレクター、TVプロデューサーなどさまざまな職種があります。編集者は、クライアントのコンセプトに従い、記事を企画します。ウェブデザイナーの仕事は、ウェブサイトをクライアントのニーズに対応して企画、設計することです。ウェブプロデューサーは、ホームページ制作に関連して企画、管理などを行います。CMディレクターやTVプロデューサーは、テレビ番組やCMを企画し、制作の管理、指揮などを担当します。これらの仕事は、さまざまな業務を担う多くのスタッフとの円滑なコミュニケーションが必須です。作品には独創性が求められるため豊かな発想力が求められます。

メリット・デメリットは?

J-62

新しいものを生み出すクリエイティブな仕事は、斬新な発想が求められ、常に好奇心を持ってさまざまな情報を収集することが必要となります。変化を求め自分のアイディアを仕事に生かすことができます。職種ごとの制作にあたっては、習得に時間のかかるスキルを身に付ける必要があります。しかし、一旦身に付けた後は、制作プロダクションや広告代理店などでの活動の幅が大きく広がります。予算が決められている場合が多く、予算範囲内でクライアントの要求を満たす企画能力が求められます。制作に掛かる時間は、スキルによっても違いが出るため経験を積むことが重要です。クリエイティブ系の仕事は、クライアントの要望を的確にかたちにするために、発想力と同時にスキルの習得と経験という土台が必要となります。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn