J-51

人事・総務・法務の仕事内容・求められる人材って?

J-51

人事・総務・法務は、企業の円滑な運営をサポートする仕事です。人事は、新入社員の採用や、スタッフの教育、より効率的な人材の配置といった「人材」の管理をつうじて、企業の成長を支えます。法務は、顧問弁護士との連携や、株式総会の対応、与信調査などの法律的な業務を担当し、法的にクリーンな企業づくりに務めています。総務は企業運営に必要な業務全般を請けおう仕事であり、企業によっては人事や法務を兼ねる場合もあります。いずれの職務も企業経営の基盤となる仕事なので、経営感覚能力や企画力など、企業の躍進に欠かせないビジネスセンスが求められます。また、多くのスタッフや取引先と関わる仕事でもあるため、コミュニケーション能力や語学力も必要です。

メリット・デメリットは?

J-52

人事・総務・法務の仕事のメリットは、いずれの職においても、企業経営の基盤に携われるという点です。人事職であれば「人材」という観点から、法務職であれば「法律」の観点から、総務職であれば人事・財務・法務といったあらゆる観点から、企業経営の改善に関わることができます。企業を動かす充足感や達成感を得やすく、充実した社会経験を送ることができる点が魅力です。日々の業務成績が良ければ、経営陣の一員としてキャリアアップすることもできるため、やりがいを感じやすいことも大きなメリットのひとつです。一方で、有能かつ意欲的な人材が集まる職でもあるため、自発的に勉強することが欠かせません。企業経営の補佐役として、あらゆるスキルや情報を習得していく積極性が求められます。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn