J-47

設備工事・設備管理の仕事内容・求められる人材って?

J-47

設備工事・設備管理とは、建物の設備が正常に機能するよう、メンテナンスおよび管理を行うお仕事です。主にオフィスビルやホテル等の管理を担当し、外壁の塗装工事や、水道・電気・ガスの供給設備の点検、建物全体の巡回などをつうじて、建物の資産価値を保持することを職務としています。また、建造物の価値だけでなく、内部を利用する方々が快く過ごせるよう、細やかな配慮を行うことも大切な業務のひとつです。設備工事・設備管理の仕事は、さまざまなトラブルに対処する事が求められるため、積極的に業務に取り組める方や、コミュニケーション力を有している方が重用されやすくなっています。もちろん、電気・機械等の工学的知識も求められます。

メリット・デメリットは?

J-48

設備工事・設備管理の仕事のメリットは、やりがいを感じやすいという点です。ビルやホテルなどの大きな建造物は、日々多くの利用者が出入りするものです。施設のメンテナンス業務をつうじて、人々の安全な生活を守る職務であるため、達成感や充足感を得やすくなっています。また、経験を積めば積むほど、設備トラブルへの迅速な対応力を磨けることもメリットのひとつです。あらゆる事態に対処できるスキルがあれば、建物の安全を守れるだけでなく、有能なスタッフとして重用されやすくなります。なお、多くの人々の安全を預かる仕事なので、日々の業務には強い責任感をもって取り組む必要があります。細かなところにまで気をくばり、些細な事も見逃さない集中力が必要です。