J-45

施工管理の仕事内容・求められる人材って?

J-45

施工管理とは、工事現場の監督を行うお仕事です。建築工事や土木工事、造園工事などさまざまな施工に際し、どのように工事を進め、どのように予算を使うのかといったプランニングを担当します。また、ただプランを計画するだけでなく、工事現場において作業スタッフの安全を管理することも大切な職務のひとつです。施工管理に必須の資格はありませんが、理工学的な知識や、現場での経験、仕事に積極的に取り組む姿勢などが求められます。なお、ゼネコン(建築業者)や、工事機器を取り扱う製造会社との連携も必要となるため、コミュニケーション能力も必要となります。施工管理は、工事に関する専門知識と、ビジネスに関するさまざまなスキル双方を活用できる仕事です。

メリット・デメリットは?

J-46

施工管理の仕事のメリットは、社会に対して広く貢献できるという点です。人々の生活の安全をサポートする工事(鉄筋工事、電気工事、塗装工事等)を担う他、世に残る建造物の施工にも携わるため、仕事を終えた後は大きな達成感を得ることもできます。また、多くのスタッフが協力して一つのものを作りあげるという仕事柄から、人同士のつながりが生まれやすい点も魅力のひとつです。就業において気をつけるべきことは、日々の自己管理です。施工管理の仕事は屋外で作業することも多く、天候や寒暖に左右されない体力が必要となります。よって、毎日の体調管理が欠かせません。日頃から健康に気を配り、無理なく就業できる体づくりが求められるでしょう。