J-41

建築・土木系の仕事内容・求められる人材って?

J-41

建築、土木系では測量士、ビルメンテナンス、建築設計、不動産開発などの分野があげられます。測量士には土木、地籍、地図測量と分野があり、それぞれで作られる地図も違うので、建築物を立てる際に非常に重要な職種です。GPSの発達により複雑な地形をより正確に計ることができるようになっています。ビルメンテナンスはビル施設管理として多くの人が必要とされています。巨大ビルや大学など多くの場所でメンテナンスやビルの老朽化対策が必要とされており、適切な保守点検がなければ、必要以上の経費がかかかってくるからです。特に空調や給排水設備の管理は重要で、入居者の永続的使用を続けてもらうためにもメンテナンスの質を上げることが必要です。

メリット・デメリットは?

J-42

建築・土木系のなかで測量士の場合、国土地理院の国家資格が必要です。省エネ設計のビルは特にメンテナンスが重要です。大規模なビルの場合、空調設備、電力設備、エレベーター、ボイラー、貯水タンクなど点検箇所はたいへん多く、定期的な点検や将来の大規模修繕計画にも関わる重要事項です。機械及び電気系統の配線管理に熟知した経験者及び転職者が必要とされています。電気工事施工管理などの求人は多く、転職者も多く雇用している会社もあります。これには1級電気工事士などの資格拾得者が少ないことと、1級電気工事士への社会的ニーズが高いためです。電気工事関連は、他の工事が終わらないと着手できないことが多く、工期の進捗具合により仕事のスケジュールが組めない場合が比較的多く発生する職種の一つです。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn