J-37

製造系の仕事内容・求められる人材って?

J-37

製造系業界の裾野は広く、原材料を加工して製品を作るものはすべて入ります。原材料を加工する製造業は素材型製造業と呼ばれ、石油鉄鋼、化学、非鉄金属などの基礎素材に製造を行う企業のことを指します。広大な土地が必要な巨大工場のため船舶が着岸できる海外沿いに多い企業です。このような企業のほとんどが自動化されています。そのため、雇用も以前に比べると減少しており、海外での生産へと軸足を移しています。そのため転職者は生産の調整などを含めた生産管理担当者とともにバランスの取れた生産をすることが求められています。また、転職者の中には技術指導名目で海外の協力会社に派遣されることも多いようです。海外では技術指導を中心に製品の管理業務の指導もふくまれます。

メリット・デメリットは?

J-38

転職者の多くはプラントエンジニアなどの分野での雇用が多い分野です。そのため、マネジメント能力を高く評価し、指導を求めている海外企業も多く、英会話などでのコミュニケーションが必要です。特に現場での製造設備に関わった人の転職が多いようです。理工系学部を卒業し化学を専攻し、製造系に関わった人などを指定して採用し、技術営業として技術支援を行う要員として海外との対応にも当たらせるなどの形態も多く見られます。技術管理スタッフではなく、トータルマネージメント経験者を募集している場合も多く、工場勤務が長い方を海外での責任者もしくは運営管理を任せるなどの雇用も多いようです。この場合英会話程度のコミュニケーション能力と工場での総務及び労務経験者が優先されています。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn