J-21

技術系(電気・電子・機械、食品・化学・医薬)の仕事内容・求められる人材って?

J-21

技術系の職業に就くには、大学や専門学校などで基礎知識を身に付けていることが前提となる場合がほとんどです。電気や電子、機械関連の仕事では、プログラム技術が生かせる回路設計や、半導体の知識を要するシステムLSI設計など種類も幅広く、未経験からチャレンジできる企業もあります。CADスキルを生かして工業製品の金型を設計する仕事は、モノづくりの基礎に関わりたいという方におすすめです。食品や化学、医薬の技術職では、基礎研究や製品開発のほか、生産技術や管理業務があります。海外の文献を参照する業務もあるので語学スキルが必要です。細かな打ち合わせを行い、従業員同士が協力して作業を進めることも多く、協調性が求められます。

メリット・デメリットは?

J-22

技術系の仕事は、モノづくりの現場で働けるのが魅力です。電気や電子、機械分野では、部品や製品が取引先企業や市場に出回るなど成果が目に見えるので、達成感が得られます。図面作成スキルが身に付くほか、資格取得を目指しながら働くことも可能です。化学や医薬品分野では新薬や化粧品開発のための研究にも関わることができ、地道な作業をコツコツと継続できる方に向いています。新製品開発も行う食品関連職は、ターゲットや成分、味、見た目など細部にまでこだわって製品化を目指すため、やりがいのある仕事です。どの業種もヒアリングや市場調査が重要ですので、コミュニケーション能力が求められます。製品を作り上げるまでに長期間かかるケースもあるため、忍耐力を持って取り組む姿勢が重要です。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn