J-15

ネットワーク・サーバ設計・運用・保守の仕事内容・求められる人材って?

J-15

経験と知識が生かせるネットワークやサーバ設計、運用、保守の仕事は、パソコンを使用した業務が中心の仕事です。ネットワーク関連業務は、社内LANやインターネットを通してファイルや顧客データを社内で共有できるようにネットワーク環境を構築するほか、ネットワーク機器の設置、設定も行います。サーバ設計では一度にアクセスが集中してもダウンしないという点やセキュリティに配慮して業務に取り組む必要があります。運用、保守の仕事は情報システムを円滑に使用できるよう稼働状態の管理、監視業務を担当するほか、トラブルが起こった際に技術者等と協力して解決策を講じます。デスクワークがメインで、企業に出向いて作業をする場合もあるのが特徴です。

メリット・デメリットは?

J-16

専門知識と技術力を身に付けられるネットワーク・サーバ設計や運用・保守の業務では、実務経験を生かして働きたい方におすすめです。資格があると有利に働く場合もあり、より高度な技術を身に付けることもできます。システム全般に関する幅広い知識を学ぶ姿勢が求められ、取引先企業の業務効率にも関わることから責任感を持って働けるのが魅力です。企業に出向いて作業を行う際には、取引先の営業時間外を利用して業務を行う場合もあるため、深夜や土日の勤務もあります。大規模ネットワークに関するプロジェクトに携わり、作業に数か月かかることもあるため、やりがいと達成感が味わえる仕事です。社内外の人と密に関わる業務が多いので、コミュニケーションを生かして働けます。

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn