いざU・Iターン転職をしようと考えても、転職するまでにどれくらい費用がかかるのか不安に思う方もいるはず。U・Iターン転職にかかる費用にはどのようなものがあるのかを確認しておきましょう。

U・Iターン転職が決まるまでの面接・下見にかかる各種費用



U・Iターンで生活を始めるにあたり、仕事探しは不可欠です。移住してから転職活動ができる環境にあれば交通費はおさえられますが、やはり現職を続けながら情報収集や選考を進めるほうが無難でしょう。

在来線ならまだしも、新幹線や飛行機を使う距離になると、かなり出費がかさみます。日帰りできない場合は宿泊費用もかかりますので、実家や友人宅など、宿泊可能な場所があるかどうかも事前に考慮してください。

企業に相談すれば、1次面接を電話やWEB面接にしてくれたり、本来は2次面接、3次面接と時間をおいて行われる役員面接を1日で済ませてくれたりすることもありますので、相談してみる価値はあるでしょう。

U・Iターン生活用の住まいにかかる費用



U・Iターン時の仕事が決まったら、出社初日までに住まいを確保することになります。初期費用がかかる地域もあるでしょうし、引っ越しに伴って家具を買いかえることになるかもしれません。

地方によっては「空き家バンク」などで安く借りることができるサービスもありますが、仲介費用が必要になることも考えて、想定家賃の約5〜6倍は貯蓄しておくと安心です。

例:家賃8万円の物件を借りる場合:初月家賃・仲介手数料1か月・敷金、礼金各2か月ずつで48万円

1. 引越し費用
意外と費用がかさむのがこの「引っ越し運送費用」。遠くになると50万円以上かかることもあります。引越し業者は1社で決めてしまわず、何社か相見積もりをとることをお勧めします。

2. 地方では車が必要になることも
電車やバスが便利な都会では邪魔な車も、地方では「車がないと生活が難しい」というところも多いもの。車を持つと税金や維持費なども必要になります。車購入の初期費用とあわせて、忘れがちなランニングコストも事前に想定しておきましょう。

U・Iターン助成金や地方自治体の費用補助を忘れずにチェック


何かと出費のかさむU・Iターン。しかし人口減少に悩む地方では、移住者を歓迎するため様々なサポートや補助金を用意しているところが少なくありません。インターネットで調べたり、役所に問い合わせてみたりして、利用できる補助がないか調べてみてください。

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

1週間からのプチ留学『Go Global』
『Go Global』公式Facebook

マルタの総合情報サイト 『all about Malta』
『all about Malta』公式Facebook



関連するワード