35歳以上の転職を成功させるには?

35歳からの転職は長期的・計画的に考える-「マネジメント」「実績」「価値観」がキーワード

年齢が上がるにつれて、転職がうまくいかなくなることを実感している人も多いのではないでしょうか。売り手市場と言われる世の中、「人手不足なら年齢関係なく雇えばよい」のにと思われがちですが、35歳ともなると年収も高くなりますし、「実績のない35歳」をそう簡単に雇うという企業も少ないでしょう。
35歳からも転職できる人とは、いったいどんな人でしょうか。

35歳からの転職では「マネジメントができる人」が成功する

35歳以上になると、第一線の人たちを取りまとめられる能力が問われてきます。管理職としてチームをまとめるためには、スキルや経験があるのは当たり前。人間力や度量なども重要なチェックポイントとなります。

相手の立場に立って物事を考え、多様な価値観を理解し、自分なりの意見も言える。
難しいことではありますが、「一生勉強」という意識と謙虚な気持ち大切にしつつ、新しいプロジェクトが立ち上がったらリーダーに立候補してみたり、日ごろから率先して周りの後輩のケアをしたりと実績を作っていきましょう。

明確な「実績と強み」をもつ35歳は転職しやすい

当然のことながら、実績のない転職はキャリアアップにつながりません。「自分を雇わないと損をする」と言えるぐらいの実績をめざし、まずは今の仕事を頑張ってみてください。

あなたには「自分にはこんな強みがある!」と自負できるものはありますか?
35歳ということは、一般的に社会人経験は10年を超えてきます。10年たって、何も得たものがないというのは考えもの。毎日の仕事を受動的にこなしているだけでは、「強み」は手に入りません。25歳から35歳の10年間で、計画的に自分の強みを育てていきましょう。

常に小さな目標を持ち、達成し続けていれば、その実績が自信と強みにつながります。自分のできること、得意なことでどんな貢献ができるかということを、常に考えて仕事をしてください。そうすれば、35歳の転職で他の人と大きな差をつけることができるでしょう。

35歳で成功する人は自分の「価値観」がはっきりしている

「成功」とは金銭的なことだけではありません。年収がダウンしても、「転職してからワークライフバランスがとれるようになった」「よりやりがいを感じられる仕事につけた」ということも、立派な「成功」です。
自分が何を大切に思っているか。まずはそこを明確にしてみましょう。

プライベートでも変化がおきやすい35歳前後

35歳と言えば、結婚、出産、育児、住宅購入などのライフイベントも多く起こり得る年齢です。住宅ローンや子どもの教育資金などを考えれば、年収はしっかりパートナーと話し合いたいところ。また、ローンをこれから組むという人は、「勤続年数」が重要になりますので、転職前にローンを組むなど、人生プランを考えながら転職タイミングを決める必要があります。


「転職は35歳まで」という価値観は古くなってきている

年功序列で出世するという時代は、だんだん影を潜めてきています。副業を解禁する大企業も増え、今後はますます「自分ができること、やりたいこと」が重要な社会となってくるでしょう。チャレンジ精神、やる気のある人には嬉しい傾向ですが、企業の中でぶら下がっていたいという人は益々厳しい状況になっていくことが予想されます。

まずは自分の得意なことにフォーカスし、自分だからこそできる仕事で実績を積んでいきましょう!

文:坂口弥生

そろそろ転職かな?と思ったら・・・
JOBを利用してみよう!

自分で仕事を探してみる

合同企業説明会 シゴトフェア

転職のプロに相談してみる

JOB転職エージェント

自分で仕事を探してみる