>   > 面接突破ガイド(問い合わせ・応募)

必勝テクニック満載面接突破ガイド 面接を突破するために役立つポイントを徹底解説!

問い合わせ・応募

JOBに掲載している求人情報への応募方法は、電話・WEB応募の2つ。
応募する会社(お店)の応募方法をよく見てから応募しましょう。

電話で応募

時間と場所を選びましょう!

時間
朝早い時間(始業から30分くらい)、お昼休み、遅い時間(終業30分前くらい)など、どの会社(お店)でも忙しい時間帯は避けて。
場所
声が聞きとりにくくならないよう、なるべく静かなところがGOOD。

アドバイス

携帯電話でかける際には電波の状態も確認して! もしも電話中に電波が悪くて通話が切れてしまったら、すぐにかけ直して、「先程は失礼しました」と一言添えるのを忘れずに!

3点セットを手元に用意しましょう!

電話をかける前に、JOBに掲載している求人情報(印刷、またはメモしたもの)、メモ用紙、ペンは手元に置いておきましょう。電話中にメモ用紙を用意しているようではダメ!

アドバイス

面接の日時を指定された時のために、事前にジブンのスケジュールを確認しておきましょう。

話の手順を整理して、質問事項などを簡潔にまとめたメモを書いておくのもオススメ。緊張して何を聞いていいのかわからなくなった時に役立ちますよ!

問い合わせ・応募電話をしましょう!

問い合わせ・応募電話の印象は採用を決める大きな要因となります。電話のマナーをビシッとおさえて、好印象をめざしましょう。

<問い合わせ・応募電話のマナー>
  • まず名乗る
    電話をかけたらまず名乗って用件を伝えましょう。
  • 大きな声で、ハキハキと!
    電話の声は通常より小さく聞こえるもの。普段よりも大きな声でハキハキと、顔が見えないぶん、よい印象を持ってもらえるよう心がけましょう。
  • 重要なことは復唱する
    聞き間違えのないように重要なことは復唱して確認しましょう。
  • ガチャ切りはしない
    相手が電話を切るのを確認してから、静かに切りましょう。
問い合わせ・応募電話のキホン
応募者
JOBを見てお電話いたしました○○と申します。
恐れ入りますが、ご採用担当の方、お願いできますでしょうか?※1
会社(お店)
はい。少々お待ちください。

※1第一声はびしっとキメましょう!

担当者が電話に出たら
応募者
JOBを見てお電話いたしました○○と申します。
御社で募集している○○○(職種名)に応募したくご連絡いたしました。※1
担当者
はい。それでは面接を行いたいと思いますが、○月○日○曜日の○時はいかがでしょうか?
応募者
はい。それでは○月○日○曜日の○時にお伺いいたします。よろしくお願いいたします。
本日はお忙しいところありがとうございました。※2

※1担当者が電話に出たら、再度氏名を名乗りましょう!

※2面接の日時は繰り返し確認!
面接会場や応募書類の提出方法の確認もしておくとGOOD!
最後にお礼を述べるのも忘れずに!

担当者が不在の場合
会社(お店)
あいにく担当の○○は外出しておりますが。
応募者
では、改めてご連絡したいのですが、何時頃であればよろしいでしょうか?※1
会社(お店)
○○(担当者名)は○時までにこちらに戻る予定になっていますので、それ以降でお願いできますでしょうか?
応募者
はい。それでは○時頃改めてご連絡いたします。お忙しいところありがとうございました。

※1担当者が忙しく時間を改めるよう言われた場合や他の電話対応中、または不在の場合は、都合のよい時間を尋ねてから、再度かけ直しましょう。「折り返しお電話ください」はNG!

質問がある場合
応募者
○○○(職種名)の応募について伺いたいのですが、ただ今お時間よろしいでしょうか?
指定された面接の日時が都合悪い場合
応募者
申し訳ございません。その日は予定が入っておりまして、こちらの都合で恐縮ですが、できれば午前中、もしくは翌日など別の日にしていただけないでしょうか?※1

※1指定された面接の日時が都合悪い場合、都合のよい日時を提案するとGOOD!

WEBで応募

24時間いつでも応募でき、とても便利なWEB応募。連絡の時間帯によって相手に迷惑をかける心配がないので、どんどん活用しましょう。でも、 WEB応募の手軽さに甘えずに、最低限のマナーは守って。

<WEB応募のマナー>
  • 連絡のとれる連絡先を
    携帯のメールアドレスを入力した場合、ドメイン指定の解除をしておきましょう。
  • 誤字脱字のチェックを
    [送信]をクリックする前に、入力内容に間違いがないか確認しましょう。

必要事項をメモした紙はなくさないようにしましょう!

応募を終えたら、応募先の会社(お店)名、担当者名、連絡先、面接日時、面接会場、持ち物などをメモした紙をなくさないように気をつけて。JOBに掲載している求人情報も印刷(またはメモ)しておくとよいでしょう。

面接にむけて、所要時間・場所の確認をしておきましょう!

面接会場までの所要時間や経路は、面接当日慌てないためにも前もって調べておきましょう。

応募書類の作成・確認をしましょう!

面接で必ず聞かれるのが職務経歴。簡潔にわかりやすく説明できるようにするためにも、作成した応募書類は面接前によく目を通しておきましょう。応募書類を郵送する場合は、コピーしたものを手元に残しておいて。

応募書類の作成を終えたら、次はいよいよ面接です!
面接前日はいつもより早めに寝て、万全な体調で面接に挑みましょう!

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn