>   > 求職活動FAQ集(Q11-3)

本当に役立つ求職活動FAQ集 職探しから就業までのあらゆる疑問はココで解決!

退職:失業手当編

いくらもらえますか?

基本手当(失業手当)は以下のような計算で受給額が決定します。
基本手当受給額=基本手当日額×所定給付日数(土日祝も含みます)


【基本手当日額】

基本手当日額とは失業手当でもらえる1日当たりの金額です。原則として離職した日の直前の6ヶ月の賃金(賞与等は除く)の合計を180で割って算出した金額のおよそ50~80%(60歳~64歳は45~80%)となっており、賃金の低い方ほど高い率となっています。基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められており、現在は次のとおりとなっています。

年齢上限額
30歳未満6,405円
30~44歳7,115円
45~59歳7,830円
60~64歳6,723円
(平成25年8月1日現在)

例えば25歳の方の場合、上限金額が6,405円ですので1ヶ月の受給額は最大で6,405円×31日=198,555円となります。


【所定給付日数】

基本手当をもらえる期間は退職理由やあなたの年齢と雇用保険に加入していた期間によって変わります。これを所定給付日数といいます。所定給付日数は以下の通りです。

会社都合による退職の場合
雇用保険加入期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満90日90日120日180日
30~34歳90日180日210日240日
35~44歳240日270日
45~59歳180日240日270日330日
60~64歳150日180日210日240日


自己都合による退職の場合
雇用保険加入期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢90日120日150日

また、所定給付日数の期間内に就職先が決まり、所定給付日数が3分の1以上残っている時には、再就職手当を受け取ることができます。
早めに仕事が決まり、スタートすれば給料と再就職手当の両方がもらえます。

再就職手当の詳細はこちらを参照ください。

一覧に戻る

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn