正社員の転職求人情報TOP > 転職・求職活動FAQ > 退職後に給与を受け取ったら金額が少なくて驚きました。 無断で突然辞めたせいでしょうか?

本当に役立つ求職活動FAQ集 職探しから就業までのあらゆる疑問はココで解決!

採用・就業編

退職後に給与を受け取ったら金額が少なくて驚きました。 無断で突然辞めたせいでしょうか?

退職する時は、少なくとも辞める2週間前に申し出るのが最低限のルールです。 アナタの場合、急に断りもなく辞めたという理由で、減給のペナルティを課せられた可能性もあります。

減給を就業規則に決めること自体は法律違反ではありませんが、労働基準法で以下のような制限があります。
「第91条 就業規則で労働者に減給の制裁を定める場合、1回の額が平均賃金(※)の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期の賃金の10分の1を超えてはならない。」

    ※平均賃金…「第12条 これを算定するべき事由の発生した日以前3ヶ月間に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額を言う。 」

ただし、早期退職によるペナルティと言うことであれば、労働基準法に定めた「賠償予定の禁止」に触れることも考えられます。まずは先方に減額の理由を確認し、納得ができないのであれば、最寄りの行政機関に相談してみましょう。

厚生労働省:都道府県労働局所在地一覧

一覧に戻る

Gnavi_side_btn01 Gnavi_side_btn02 Gnavi_side_btn03 Gnavi_side_btn04 Gnavi_side_btn05

Pagetop_btn