教育費にかかる負担や、待機児童の増加などの子育て問題が浮き彫りになり、育児環境の改善が望まれる昨今。子どもがいるご家庭であれば、できるだけ子育て支援制度が充実している自治体を選びたいところでしょう。そんななか、静岡市は『静岡市子ども・子育て支援プラン』をもとに、さまざまな支援制度に取り組みはじめています。

静岡市子ども・子育て支援新プラン



静岡市子ども・子育て支援新プランとは、「ひろげる・つなげる・ささえる」という基本理念を持ち、子ども本位の視点で子育てを支援する取り組みのことです。子育てに対して、喜びや生きがいを抱ける環境づくりを目指しており、その支援方法は多岐にわたります。

例えば、幼児期教育・保育の推進、放課後対策、子ども貧困対策などです。平成27年から31年度までの5年間はこの計画が実施され、市内の育児環境改善が図られます。

認定こども園の増加



静岡市は平成27年4月、静岡市子供・子育て支援新プランの一環として、"認定こども園"の普及による幼児期の教育・保育の推進を目指す、子供・子育て支援新制度を開始しました。

認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能を備えた、新しい施設のことです。一般的な幼稚園が3~5歳まで対象とするなかで、0~5歳までの児童を対象にしており、保育所のように保護者の就労状況が入園条件に関わることもありません(既存の園が認定こども園に移行する際は期間限定の例外あり)。

つまり、市内に保育の場が増えることになり、育てやすく働きやすい環境が整ってきたといえるでしょう。また、全ての子どもが対象になると、保護者都合による退園および移園がなくなるために、子どもからしてもメリットの大きい取り組みです。

ファミリー・サポート・センター



通称"ファミサポ"と呼ばれるこの支援事業は、子育て支援を受けたい人とサポートしたい人がそれぞれ会員となり、市委託センターの仲介によって子育てサービスが実施される活動です。

小学校入学前の子どもが対象であり、主には保育施設への送迎および施設終了後の預かりを目的として利用される方が多いようです。1時間あたり600円~800円の費用がかかってしまいますが、自分の手が届かないところをケアできるため保護者にとって嬉しい制度となるでしょう。

放課後児童健全育成事業



仕事の都合などにより保護者が昼間家庭にいない場合、小学校に就学している児童は放課後児童クラブを利用することができます。共働きの家庭が年々増加するなかで、その需要は高まり続けており、放課後児童への対策は急務です。

まとめ


以上のように静岡市は、充実した子育て環境を整えつつあります。また、平成31年度末で静岡市子ども・子育て支援プランは終了しますが、翌年からも新たな取り組みを実施できるよう検討中とのことです。子育てに不安を持っている方は、静岡市への引っ越し・転職を考えてみるといいかもしれません。


※掲載している施策は、令和元年9月30日現在の情報です。
 最新の情報は、各市町村までお問合せいただけますようお願いいたします。

関連するワード