こんにちは、JOB転職エージェントの藤原です。

2018年11月28日、有楽町のTURNSコミュニティスペースにて開催した第2回目のだもんでMTGは、静岡の美味しいモノを食べながら、静岡のコトを考える、をテーマに、静岡の特産物を味わうことで静岡の良さを再認識し、ゲストのUターン転職・移住への様々な思いを聞くことで、選択肢が広がったり、少しでも、もやもやが晴れれば、という思いで開催いたしました。



今回はゲストとして、花の舞酒造株式会社の東京支店長上村さん、株式会社第一プログレスTURNS編集部の須井さん、株式会社東急エージェンシーの木村さん、株式会社アルバイトタイムス デジタルハリウッドSTUDIO静岡の佐々木さんをお迎えしました。

パネルディスカッションでは、Uターン人材がたくさん活躍されている花の舞酒造さんのお話しの中で、地元と密着した新酒味見会のイベントのことや、JALのファーストクラスに納品、というような大きなマーケットで活躍できることをお聞きしました。

TURNS須井さんからは、ローカルで暮らすことを「大変そう」とイメージばかりが先行しすぎていませんか?という問いがとても印象的でした。まずは飛び込んでいく中で、人との繋がりをつくっていくことが大切、ということを実体験をもとに語っていただきました。

都内の大手広告代理店へ静岡市から通勤という、木村さん。
どうやってその生活が可能になったのか、また享受されたたくさんのメリットとともに静岡生活を満喫されている様子を聞いていて、改めて静岡の良さを私自身も再確認しました。

静岡にUターン転職した佐々木さんは、美味しい魚を食べられることが本当に幸せそうでした。(笑)地方の縦社会文化に、東京とのギャップを感じたりしながら、だんだんとその対処法を見つけたりして、地元に溶け込んでいくのだなあと思いました。

さて、お待ちかねの静岡の地酒『花の舞』の試飲タイム!
飲みやすい『ぷちしゅわユズ酒ちょびっと乾杯』や、お酒は遠慮される方もいらっしゃるかと予想していましたが、参加者全員がまずは『純米しぼりたて』を手にとられました!



そして、雰囲気も和んできたところで、近くの人たちとワークを開始。
題して「静岡トリビアの泉」。知られざる静岡の魅力を出し合い、「へー」の多さを競いました。優勝チームは「静岡の駅には、それぞれの特徴ある匂いがある」というトリビアをご披露いただきました。そう言われれば、焼津は魚の、富士はパルプの、静岡は無臭…ですね!



終了の時間までは、静岡の地域性のあるお菓子などをつまんでもらいながら、ゲストと参加者のみなさんで交流いただきました。聞いてみたかった質問をぶつけたり、積極的にゲストへ話しかけていらっしゃる参加者の方が目立ちました。



今回のイベントもあっという間に時間が過ぎ、散会となりました。

参加者の方のアンケートでは
「フランクな雰囲気がよかった」
「もっと生の話を聞きたい」
「静岡へ帰る(Uターン)の選択肢が広がった」
「もっと知られていない地元の優良企業が知りたい」
といったご意見をいただきました。

今後もJOB転職エージェントでは、静岡への移住、Uターンを検討される方への情報提供やご相談に応じるイベントを開催してまいります。

東京神田のオフィスでもご希望の日程にて、随時ご相談を承ります。お気軽にお問合せください。

静岡の転職事情に精通したコンサルタントが、キラッと光る地場企業案件を紹介したり、書類・面談のアドバイス、企業との連絡・交渉をしますので、遠隔地での転職活動の強い味方です。東京でご希望の日時に面談(キャリア相談・情報提供)もいたします。

関連するワード