2月14日、今年もバレンタインの季節がやってきました。赤やピンクのハートで飾り立てられた街を横目に、「今年ももう2か月が終わった……」と内心焦燥感でいっぱい、静岡のローカルWEBマガジン「miteco」編集部からやってきた馬場です。

きりりと冷え込む毎日のなかで、大切な人と過ごすほっこり温かなバレンタイン。今月14日は家族とおうちで、おいしいチョコレートケーキを囲みませんか、そんなご提案です。

紹介するのはママもパパも、お子さんのほっぺたも落ちちゃうことまちがいなしのケーキ屋さん。静岡市葵区鷹匠にある「Chocolat Fin(ショコラ・ファン)」です。

Chocolat Finって?



「食べた人が幸せな気持ちになれるケーキを」そんな想いから昭和61年にオープン。以来、幅広い年代の方に愛されるスイーツを提案し続けてきました。

ショコラ、ロールケーキ、タルトにクッキー。ショーケースには常に20数種類のケーキが並んでいるほか、ギフトにぴったりな焼き菓子もあります。







季節やイベントに合わせて品ぞろえががらっと変わるため、いつ何度訪れてもケースの中身はお楽しみ。創業当時とレシピは同じ、ここにあるのは流行に流されない「本当においしいものだけ」です。




「Chocolat Fin=繊細なチョコ」という店名通り、もちろんチョコレートケーキも絶品。なかでもバレンタインにおすすめの2品に加えて、「ついでに職場で配るチョコを」「クラスメイトに渡したい」なんてご要望にぴったりのスイーツギフトもご紹介します。

名物ケーキ「ショコラ・ファン」



創業から30年、ずっと支持され続けるお店の人気商品「ショコラ・ファン」。ふんわり優しいスポンジに、ガナッシュとチョコクリームを交互に重ね、最上部にはまろやかなミルクチョコをたっぷりと。

それぞれ味わいの異なるチョコレート層ですが、口に入れた瞬間の混ざり合い方が絶妙です。ガナッシュの濃厚さ、あっさりめのクリーム、体温でとろけるミルクチョコをスポンジが軽やかにしてくれます。




ちょっぴりラム酒が利いているものの、大層気になるほどじゃないはず。チョコ尽くしの1品なのに、どうしてペロッと食べられちゃいます。ボックスを家族で切り分けるもよし、お子さん用にピースを購入するもよしです。

ショコラ・ファンBOX 2,365円/カット 370円

上品なテリーヌ「ショコラッテリ」



ビターなスペリオールチョコレートを、芳醇なテリーヌに。甘さ控えめな生クリームをサンドした、大人のためのバレンタインケーキ「ショコラッテリ」です。

うっとりするような舌ざわりのテリーヌと、いちごの酸味は相性抜群。周囲にはパリッとしたチョコレートが添えられているため、味覚も触感も飽きることはありません。




テリーヌショコラというと甘さがくどくて、ケーキひとつ食べるなんてやっとのこと……。そんな印象を覆してくれる、ほんの少しのねちっこさも感じない上品な味わいです。口内がチョコのアロマでいっぱいになったら、いちごをひとかじりしてリセット。

食後のデザートとしてあたたかい紅茶と、あるいはワインと一緒にゆったりと楽しんでみてください。

ショコラッテリ 432円

職場や学校へ配れるバレンタインギフト



Chocolat Finのドアをくぐってすぐ右側は、ギフトにぴったりの手作り菓子コーナー。こちらの下段はいま、バレンタインスイーツでいっぱいです。




オレンジの香り豊かなゼリーをチョコレートで包み、ピュアココアをまぶしたバレンシア、同様にチョコとココアでコーティングされたアーモンド。どちらも1,000円でおつりが来るため、職場向け・お子さんの本命チョコにぴったりかもしれません。







こちらはママ向け。ブランデーやラム、オレンジリキュールなどを使用したトリュフが2個入り、3個入り、5個入り、10個入りでパッケージされています。たくさん配る予定の方だと、ミニサイズがきれいにデコレーションされた状態で買えるのはうれしいですよね。

もともとは年中販売していましたが、夏場は溶けやすく品質も下がりやすいという理由から、バレンタイン限定商品になったのだそう。




「アーモンド、バレンシアでも少し手が出ない」という幼稚園~小学校の小さなお子さんには、ハートやダイアモンド型に抜かれた手のひらサイズのチョコレートもあります。特にわたしがキュンとしたのは、一つひとつポーズが違うクマさん型。




ママ、パパとお子さんで「これもかわいいね」なんてお話ししながら選んでみてはいかがでしょうか。




Chocolat Finは、新静岡駅からなら徒歩3分程度。お買い物ついでに立ち寄るのにも便利です。

今年のバレンタインデーはお子さんの好きなご飯と、街のケーキ屋さんでチョコレートを調達。家族寄り合って、とびきり甘く幸せな1日を過ごしてみてくださいね。

< Chocolat Fin >
住所:〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠1-3-7
電話番号:054-251-6321
営業時間:9:00~20:00(日/祝19:00ごろ)
定休日:第1、第3水曜日


<ライター>

馬場葵(ばばあおい)
1994年生まれ。miteco編集部。静岡文化芸術大学へ進学するため、2013年4月、静岡県浜松市に移住。静岡のローカルWEBマガジン「miteco」の新米編集部員。
miteco:http://www.miteco.jp



関連するワード